季節のイベント


『寝たきりになら連』は第65回おはら祭で踊りを披露しました平成28年11月3

踊りは、人々の気分を高める力を秘めています。
楽しく踊ることができるという自信はその人を輝かせます。

昭和24年に市制施行60周年を記念して始まった「おはら祭」は、南九州最大の祭りとして発展してきています。 2万人を超える踊り手が、鹿児島を代表する民謡「おはら節」や「鹿児島ハンヤ節」「渋谷音頭」にあわせて練り踊る「総踊り」を中心に、躍動感あふれるダンス「オハラ21」、「パレード・マーチング&伝統芸能」、多くの子どもたちでにぎわう「YOU遊広場」など、いろいろな催しが行われました