法人理念


○ 福祉文化の創造  ご入居されている方の生活の全てを文化ととらえる

社会福祉法人野の花会は、昭和63年6月、特別養護老人ホーム「加世田アルテンハイム」を創設し事業を開始しました。その4年後、全国で2番目に個室をつくりました。これは野の花会が一人ひとりの人間としての尊厳をいかに大切にしているかということがわかります。
 当法人の基本理念は一貫して
「福祉に文化を」をテーマとし、お年寄りの生活の質の向上はもとより、一人の人間としての誇りや尊厳を大切に考え、「建物や環境による感化は大きい」という理事長の考えのもとに、建物も一つの作品として地域に存在し、室内も芸術性の高い絵画や彫刻を配置し、芸術文化と生活文化を取り入れ、そこで生活されてる方々の生活を全てを文化と考え、生活空間づくりに努めてきました。
この理念が大きく社会に認められたことの一つとして日野原重明先生と建築家 安藤忠雄氏が提唱され創設された第一回「癒しと安らぎの環境賞」で聖路加国際病院や千葉の亀田病院グループや鎌田實先生の諏訪中央病院と共に最優秀賞を頂いたことです。
 特に終末期を家族とともに過ごす「メモリアルルーム野の花」は日野原先生にも評価を頂きました。その時の安藤忠雄氏の選評は
「建物の中に十分な自然採光がとられており、絵に囲まれて暮らすことができる。家具や調度品の一つ一つに気配りが見られ、高い質の文化的生活を送ってもらおうとする配慮がされている」といったものでした。
 社会福祉法人野の花会ではこの理念が仕事に生かされるようスタッフ一人一人が大切にし、これからも更に科学的介護、医学的根拠に基づいた質の高い介護を目指し、地域で最も愛され、信頼される事業に取り組み、「福祉に文化を」のテーマを永遠に追及していきます。