写真は夕映えにたたずむアルテンハイムです。
「輝ける夕暮れを共に」ということはアルテンハイムの思想です。
老いに直面し、人生の夕暮れを感じながらも
「美しい夕映え」「輝ける夕暮れ」は全てのお年寄りの憧れです。
私達はその願いを受けとめ、真心と手をつくして
豊かな老いの実現に努力したいと願います。




1988年 開設時の園長挨拶
 恩寵の中に加世田アルテンハイムは完成いたしました。感謝あふれる思いでございます。開園して一年、全国より多くの方にご来園いただきお礼申し上げます。その度に「どうしてこの仕事をしたのか」とおたずねになりますので、しおりの増刷を機に最後の頁をかりまして一言ごあいさつ申し上げます。
 私は両親の希望で高等学校から羽仁もと子先生の教育を受けました。日本の南端東シナ海に面する小さな町から先生の教育を慕って上京した私は、まず「思想しつつ」「生活しつつ」「祈りつつ」の生活を教えていただきました。
 そして「地の塩になるように」「力は出るもの出せうるもの」との教えが、私の心の中に大きな可能性を秘めて残りました。私も将来本当の人間にしていただくために鍛えられつつ、世の中のお役に立てるようになりたいと思いました。志して十余年、いつくしみ深き御手に導かれここまで参りましたが、アルテンハイムでの日常はある日限界を感じることがあるかもしれません。しかし与えられるものの全てを私の試練と受け止め、精一杯つとめさせていただきたいと思います。
 老いは「神の祝福」です。“みどりご”のような美しい心と姿になられたお年寄りと接するたびに、人間本来の姿「天命を信じて全ての愛に支えられ心安らかに生きる」というこよなく美しいものをみる思いがいたします。
 人生の長い歩みを続けられ、今ここに永遠の憩いを求めておられるのですから、アルテンハイムに光があるように「輝ける夕暮れ」を共につくり、共に住みたい。これが私の願いであり、深い祈りでございます。
ホームページをお開き頂きまして有難うございました。感想など、是非お聞かせください。日々新たに励む一つの目標にさせていただきたいと思っております。
社会福祉法人 野の花会 
鹿児島県南さつま市加世田武田13877
電話 0993−52−8715
FAX 0993−52−7107
mail to nonohana@po4.synapse.ne.jp