みどりの中の小さな美術館
 吉井淳二美術館(平成元年文化勲章受章者)


 吉井淳二美術館は昭和62年(1987)、社会福祉法人野の花会 前理事長・吉井淳二(日本芸術院会員、平成元年文化勲章受章)の絵画を主として展示するギャラリーとして、アルテンハイムの隣に誕生しました。「文化と福祉のある美術館」として親しまれ、来場者が多かったことから、平成4年(1992)、増築して「財団法人吉井淳二美術館」として新たに開館しました。
 「吉井淳二野の花展」や「吉井淳二と南日美展の作家たち」などさまざまな企画展のほか、福祉の施設に隣接していることから「マザー・テレサ写真展」「家族とのきずなをふたたび考える・渡辺うめ人形展」「子供の絵に学ぶ・あすなろ学園。小さな天使たち展」などのお年寄りや子供、福祉にちなんだ企画展も年に1回開催しています。



市場で働く少年

美術館の外観
左側1・2Fが展示室・右側は研修室

2F展示室

中庭

藤田喬平のガラス作品


吉井淳二 略歴
明治37年 鹿児島県曽於郡末吉町に生まれる
昭和 4年 東京美術学校洋画科卒業
昭和15年 二科会会員となる
昭和36年 二科会理事となる
昭和40年 日本芸術院賞受賞
昭和51年 日本芸術院会員就任
昭和52年 勲三等瑞宝章に叙される
昭和54年 二科会理事長就任
昭和60年 文化功労者として顕彰される
平成元年 文化勲章受章
平成15年 白寿(99歳)を迎え、二科展・春・秋展に50号を出品。
現在も制作活動を続けている
平成16年 100歳となり、意欲的に制作活動を続けていたが
11月23日静かに眠るようにその生涯を閉じる
文化勲章受章
文化功労者
日本芸術院会員
二科会理事長
サロン・ドートンヌ名誉会員
南日本美術展特別顧問
二科会名誉理事




吉井淳二美術館
鹿児島県南さつま市加世田武田13877
(アルテンハイム加世田 隣接)
吉井淳二美術館についてさらに詳しいことをお知りになりたい方は、
吉井淳二美術館ホームページをごらんください。